【初心者向け】Webライティングを独学で勉強する方法まとめ

【初心者向け】Webライティングを独学で勉強する方法まとめ

webライティングに興味を持っているも始め方がわからない独学しようと考えているけど、どのように勉強したらいいのかなぁ

初心者が身につけておくべきスキルは

初心者が身につけておくべきスキルは

Webライティング初心者が身につけておくべきスキルは以下の二つです。

  • 文章構成力
  • SEO

この二つを身につけておくことでクラウドソーシング系の案件は受けることができますね。

文章構成力

Webライターにはわかりやすく相手に伝える技術が求められます。よく言われるのが、中学生にでも伝わる言葉で書きましょうと言われます。

ユーザーは「悩み」を解消させるためにサイトを訪れます。検索結果の末辿り着いた、サイトのラストに読者の悩みを載せていてはユーザーはなかなか悩みを解決できないのでイライラしまうよね。

そのため、結論は最初に書くことが需要です。そこから、なぜその結論に至ったかの理由を解決すると言うのが基本的な流れになってきます。

SEO

SEOとは(Search Engine Optimization)の略で検索エンジンの最適化と言うことです。

簡単言うと特定のWebサイトを上位に表示させるようにするための手法のことです。

Webサイトは上位に表示されることでたくさんの人に読んでもらうことができます。そのため、Googleで検索上位を獲得することは非常に重要です。

SEOを意識したライティングができると言う人は、案件獲得できる可能性が上がります。

Webライティングの独学で勉強するメソッド

Webライティングの独学で勉強するメソッド

Webライティングの勉強方法はさまざまありますが、基本的に下記のステップで勉強して行くことがおすすめです。


ライティングは実際に書かないと成長することはできません。インプットした後は、必ずアウトプットしましょう!

書籍を読む

勉強の王道と言えば書籍での勉強ですよね。

おすすめの本を3冊ほど紹介します。

記事を書くための、キーワード選定のやり方などが書かれた本です。
わかりやすい文章で書かれているので、初学者におすすめの一冊です。

wordpressテーマ「賢威」を制作している会社の代表のよって書かれた本です。
webライティングを学習するため必要な知識が一冊に詰まっています。

売れる文章はどのように書けばいいのかわからない方へおすすめ一冊です。
売れるコピーライティングの型を学習することができます。

動画で勉強する

本で勉強してもなんか頭に残らないしわかりにくい

本で勉強するとなんとなく理解できないと言う方は、動画で勉強してみることもおすすめです。

動画で勉強することのメリットは作業のイメージがつきやすいことです。
現在では、YouTubeなどでも高品質なコンテンツがあるため無料で学習できます。

また、Udemyなどのサブスクリプション型ではなく買い切り型のコンテンツなので、コンテンツの期限切れがなくいつでも復習することができます。

専用のアプリを使えばスマホでも動画が視聴できるので、通勤移動中でも学習することが可能です。

Udemyで今すぐ学ぶ

ブログを運営する

ブログを運用することが一番のライティングの勉強になります。
ブログを運営すると言うことは単に、ブログを開設するというだけでなく、読まれる記事を描きつつ、改善することです。

ブログで何万PVも読まれているサイトを作ることができればそれだけで収入ができますね。

実際にライティングの仕事をしてみる

実際にライティングの仕事をしてみる

実際にライティングの案件に応募して案件をこなすことが一番の勉強になります。

そうは言っても、経験がないのにどうやったら案件を獲得をできるのか気になると思うので、ポイントを紹介していきます。

応募する案件のポイント

案件を応募する際、提案文に以下の二つを織り交ぜるといいと思います。

  • 誰でも理解できる言葉で文章を作成します
  • PREP法を身につけいています
  • 検索意図を読み解いた内容を書きます

・誰でも理解できる言葉で文章を作成します
これは先ほども言った、中学生でも理解できる文章で書きましょうと言う意味です。

・PREP法を身につけいています

PREP法とは、「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論の順番で話を展開するフレームワークのことです。

このを知っていると知っていないでは大きく違います。

・検索意図を読み解いた内容を書きます

記事を読むのはユーザーです。
ユーザーが読みたくなる記事をかけないと記事を書く意味がありますせん。

そのため、ユーザーの検索意図を読み解いた内容の記事を書く必要があります。

失敗するのが怖い方へ

応募するのが怖い、書いた記事を否定されるのが怖いと思う方もいると思います。

しかし、応募しないと案件を受けることができませんし、記事を書かないと誰にも見てもらうことができません。

私が初めて書いた記事は、構成からやり直してくださいと言われてかなりショックでした。

そんな、僕でもできるので問題ないです。

まとめ:アウトプットし続けることが大事

ライティングはアウトプットし続けるしかありません。
本を読んだり動画で知識をつけた後は、ひたすら書き続けるしかありません。

知識だけ詰め込んで頭でっかちになっていては意味がありません。

この記事を読み終わったら早速ライティングを始めてみましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP