【こんな人はやめとけ】Webマーケティング業界に向かない人向いてる人

【こんな人はやめとけ】Webマーケティング業界に向かない人向いてる人

Webマーケティングに興味はあるけど、自分がWebマーケティングに向いているかわからない

こんな人はWebマーケターに向いていない、そんな人の特徴を紹介していきます。
自分が向いていない特徴ただからといって、Webマーケターを諦める必要はなく、これから身につけていく努力をしていけば問題ないです。

Webマーケティング業界に向かない人

Webマーケティング業界に向かない人

こんな人はWebマーケターやめとけと言える人の特徴を紹介します。
向いていない人の特徴は下記の5つです。

詳しく解説していきます。

  • ロジカルシンキングができない人
  • 変化できない人
  • 人の心理に興味がない人
  • コミュニケーションが取れない人
  • 数字が苦手な人

ロジカルシンキングができない人

ロジカルに物事を考えられない人はWebマーケターには向いていないかなと思います。
なぜなら、Webマーケターは下記の流れで仕事進めます。

  • 仮説構築
  • 施策立案
  • 検証
  • 改善
  • 再検証

なぜ、このような課題が発生しているのか、この施策を打ったらどのような効果があるのかなど、論理的に考えていく必要があるためです。

なんとなくで施策を考えましたなどでは、いけないと言うことです。

普段から論理的に考えて行動している人はWebマーケター向きです。

変化できない人

Webマーケティング業界は変化の早い業界です。

近年は新しいWebサービスがどんどん増えていっていますし、マーケティングの手法も変わっていっています。

Googleのアップデートがあるたび、検索順位が変わるので、それにあわした施策を打ち出していく必要があります

人の心理に興味がない人

マーケティングは人の心理を考える必要があります。

どうすればこのページを見てもらえるよになるのか
どうすればこの商品が売れるのか

など、Webマーケターは人の心理を考えて行動する必要があります。

サイトを訪れるのも、商品を購入してくれるのも、人です。
ユーザーの気持ちを考えられない人はWebマーケターに向いていないと思います。

コミュニケーションが取れない人

Webマーケターはクライアントの課題を要望を汲み取って最適な解決策を出す必要があります。

相手の伝えたいことが理解でき、わかりやすく伝える必要もあります。

前述した、ユーザーの気持ちを考えられるか、ユーザーの共感してもらうサービスを作れるかが必要になります。

数字が苦手な人

Webマーケティングは数字を可視化することができます。


Webマーケティングは基本的ん全て数値を使います。クライアントの課題を洗い出す際や、施策の効果測定、全て数値を元に行動していきます。

ブログで言えば、GA(google analytics)などでどのページがよく読まれていて、なぜこのページがよく読まれているのかなど、考えることができますね。

数値を見ることができなければ、改善もできません。

Webマーケティング業界に向いている人

Webマーケターに向いている人の特徴をまとめました。

  • 勉強熱心な人
  • 地道な作業ができるひと
  • PDCAを回すことができる人

指示を待つだけでなく、自分から行動できる人がWebマーケターに向いていると言えます。

勉強熱心な人

勉強熱心な人は、Webマーケターに向いています。

Webサービスや、Googleのアップデートにより日々新しい勉強をする必要があります。
最近まで使われていた施策が今では、全く効果がなかったり、逆効果になってしまうこともあります。

そのため、自分で情報をキャッチアップして学習していくことができる人の方がWebマーケターには向いています

地道な作業ができる人

Webマーケターは派手なことをしているわけではなく、地道に作業をしていくことが求められます。

SEOであれば、内部SEOの点検や、コンテンツSEOであれば、キーワード選定や、記事構成、記事執筆などをしていく必要があります。

地道にデータと向きあって少しずつ改善していきます。
一回の施策でいきなり効果が効果が出たなどはなかなかありません。

結果が出るまで地道に検証を続けられる人の方が向いています。

PDCAを回すことができる人

PDCAとは「Plan」「Do」「Check」「Action」の略です。

課題を洗い出して施策立案、実行、効果測定、改善次のアクションの検討のサイクルで一連の作業は進んでいきます。

一連の流れを繰り返すことで課題解決に近づいていくので、ロジカルに考えつつ推し進めていくことが重要です。

PDCAを回すことができない人にはWebマーケターは辛いです。

未経験からWebマーケターになるには

Webマーケティングに向いていない人の特徴は分かったとは言え、Webマーケターになるにはどのようにしたらいいのかを解説していきます。

Webマーケターになるには下記の3つの方法があります。詳しく解説していきます。

  • ブログを運営する
  • 就職をする
  • スクールに通う

ブログを運営する

ブログを運営するとまマーケティングの一連の流れを経験できます。

どのようにすれば記事のアクセス数が伸びるのかや、どうすればアフィリエイトの商品を買ってもらえるだろうかと、試行錯誤することでマーケティングの経験ができます。

その中で、なんどもPDCAを回す回すことで徐々に結果が出るようになります。

とはいえ、ブログを運営したからといってWebマーケターにはなれないんじゃないかと思う方もいますが、そんなことはなく、ブログで収益を出したり、PV数を増やした経験などがあればWebマーケターとして活躍することができます。

まずは、ブログ開設のためにサーバーを借りて見ましょう。

エックスサーバーを借りてブログを解説してみる

就職する

Webマーケターになるには就職するのが一番の近道です。

会社で学んだ知識をそのまま、ブログや、副業に活かす可能です。

いきなり就職は厳しいと感じる方は、スクールに通うなどをして体系的に学びつつ、就職活動をするなどもおすすめです。

スクールに通う

Webマーケティングのスクールに通うことはおすすめです。
Webマーケティングに関することが体系的に学べるように、カリキュラムが組まれているので、効率的に学習することが可能です。

どこから手をつけたらいいのかや、どのように学習していけばいいかわからない方におすすめです。

スクールによっては、就職・転職支援を行っているので、就職・転職を視野に入れている場合は支援があるスクールを選ぶことがおすすめです。

TechAcademyWebマーケティング講座

まとめ:Webマーケティングは経験しておくのがおすすめ

Webマーケティングは汎用的なスキルが身につくので学んでおいて損はないです。
物が売れる仕組みを作ることができるるようになればどこでも働くことができます。

Webマーケティングに向いていない人の特徴は以下の5つでした。

  • ロジカルシンキングができない人
  • 変化できない人
  • 人の心理に興味がない人
  • コミュニケーションが取れない人
  • 数字が苦手な人

積極的に勉強してロジカルな考え方をできるようになれば、Webマーケターとして活躍できるようになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP